初期費用って割引可能?敷引きってどんな費用なの?


初期費用を割引してもらえるか

賃貸物件を利用するときには、初期費用と利用に応じて支払う賃料などを考えなければいけません。初期費用には敷金、礼金、仲介手数料の他、引越しの費用や火災保険料なども含まれます。最初の月の賃料も他の初期費用支払い時に用意しないといけないので、賃料の数か月分は覚悟しないといけないでしょう。全ての次期ではありませんが、賃貸物件を最初に利用する時期によっては多少の割引に対応してくれるところがあります。最近は礼金を無料にしてくれるところがあり、仲介手数料も半額ぐらいにしてくれるところもあります。敷金は預かり金の性格が強くなるので割引は難しいかもしれません。フリーレントと呼ばれる物件なら、当初数か月の賃料を無料にしてくれます。

関西地方で聞く敷引きの仕組みを知る

同じ地域で賃貸物件を利用していると、毎回同じような料金の提示を受けます。入居時に敷金や礼金など見慣れた料金があるので、それらの言葉の意味は分かるでしょう。これまで関西地方に住んだ経験のない人がそちらに行くと、あまり聞きなれない料金の提示を受けて困るときがあります。それは敷引きと呼ばれる項目です。その代りその他でよく見かける敷金はありません。敷引きは敷金と同じような意味合いの項目で、一部は将来的に返金される可能性があります。敷金は全額返金される可能性がありますが、敷引きは最初から一定割合を差し引くと決められているので、全額返金の可能性はありません。どれくらい引かれるかなどが契約書に書かれているので確認しておきましょう。

菊水の賃貸は、菊水駅から徒歩15分圏内に立地している物件が多いです。単身者向けの物件が充実しており、家賃の相場は3万円~5万円です。家賃を7万円~12万円に設定しているファミリー向けの物件もあります。