店舗デザインに失敗しないために押さえておきたいポイント!


まずはお店のコンセプトを考えよう!

店舗デザインを考える時は、まずコンセプトを考える事が大切です。作る人の好みもありますが、それだけで作ってしまうのは良くありません。どんなにオーナー好みの店舗になっても、それでお客さんが来てくれなければ意味がないですよね。大切なのは、そのお店がターゲットとしているお客さんが、お店に来たいと思えるようなデザインにする事です。

例えば、大衆的なお店にして色々な人を呼び込みたいのに、高級感あるデザインにして一般の人が入りにくくてはダメですよね。まずはお店のコンセプトをしっかりとかためて、それに沿ったデザインになっているかを確認しましょう。

お客さんを呼び込めるような外観にしよう!

店舗デザインで大切なのは、いかに自分のお店を目立たせるかです。目立つといっても、奇抜にすれば良いという意味ではありません。お店を見た時にどういったお店なのか、コンセプトがしっかり伝わるデザインが良いですね。見ただけで何を売っているお店なのか分かれば、お客さんも入りやすくなるので集客にも繋がりますよ。

外観を目立つようにするために、まず重要になるのが看板やのれんです。まずお客さんの目に入る部分なので、ここには拘りましょう。重要な部分なので、自分だけで考えずにプロの専門家に相談しながら決めるのも良いですね。ただ、立地条件によっては、対応できないデザインになってしまう事もあるので注意が必要です。どうしてもこうしたいという店舗デザインが決まっているなら、それも加味してお店を開く立地を決める必要があります。

内装工事とは、建物の内部の設備や装飾に関する工事のことです。代表的な物に、壁面の塗装やフローリング貼り、建具の工事などがあります。