知っておきたい!住宅ローン審査の基礎知識


若ければ若いほど有利

マンションを購入する際、多くの金融機関では借り入れ可能な年齢制限を設けていて、住宅ローンの開始時年齢は20歳から、最終返済年齢は80歳に到達するまでと定められているのが一般的です。また、最長借り入れ年数は、ほとんどが35年となっているため、計算上は44歳までなら35年の住宅ローンを組めることになります。実際の日常生活に当てはめて考えてみると、多くの企業が定年の年齢を60歳前後に据えています。賃貸を目的としてマンションを購入する場合は、基本的に家賃収入で住宅ローンを返済していきますから、ご自身が働いているかいないかは直接関係ありませんが、万一、家賃収入が途絶えてしまうとローンの返済は重荷となるでしょう。さらに年金支給の年齢を考えると、住宅ローンの返済完了が支給開始から遅れるようではマンション経営の目的のひとつである年金対策にはなり得ません。このことから、マンション購入は若いうちに動き出すのが、有利になるといえます。

公的資格も重要な指標となる

年齢と同じく、勤務先の信用度と借りる方の職種も住宅ローン審査の重要な判断基準になります。さらに借りる方を強く後押しするのが、公的資格です。その業界のエキスパート資格を取得していれば、住宅ローンを組む際にも有利に働くことがあります。残念ながらこれまで勤めていた会社が倒産してしまい転職を余儀なくされてしまった場合は、保有資格の有無がそのまま再就職に影響します。当然、給与にも影響します。専門性の高い公的資格は、日常生活だけでなく、住宅ローンの審査にも影響を及ぼすのです。

宇都宮のマンションはマンション自体の入り口に鍵がかかっていて、管理人が常駐しているのでセキュリティーが高く女性でも安心できます。